Shifterで起動したWordPress管理画面にある細かい機能について

この記事は、Shifterアドベントカレンダーの記事です。

ShifterのWordPressにだけあるもの

Shifterで起動したWordPressには、Shifterをより便利に使うためのプラグインがインストールされています。

その機能をちょっとだけみてみましょう。

Generate対象を選択する機能

ShifterではすべてのURLを静的化します。が、実際のところ、要件によってはタグや年月日のアーカイブは別にいらないというケースもあります。

そんな時は管理画面からgenerate対象外にしてやることができます。

generate対象を減らすことで、静的化処理の実行時間を減らせます。

LP用途などではほぼいらないページの方が多いはずなので、ガンガンオフにして高速化しましょう。

WordPressから指定したURLにPOSTリクエストを出す機能

JAMstackで構築しているサイトなどでは、WPの更新後にNetlifyなどでビルドを実行する必要があります。

通常はプラグインをインストールしたりコードを書く必要がありますが、ShifterのWPではページ上部の管理バーからビルド用webhookを呼び出す機能があります。

URLを指定すると、そのURLに対してPOSTのリクエストを出します。

リクエストの中には起動中のWPのURLが入っていますので、これを受け取ってGatsbyなどのビルドを実行しましょう。

この記事を書いた人